Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kna610biomaster.blog109.fc2.com/tb.php/305-7b11314b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣り人道中膝栗毛~アングラーVS強風~編 後編

 後編スタートです。



謎の現象

 午前10時を過ぎた頃から、段々と風が強くなり始めた。時折、突風が吹き、非常に釣りづらい状況であった。そんな状況の中でも、私達は釣り続けた。

U:「メゴチが釣れた(^∀^)」

M:「ついに出たか( ̄▽ ̄;)」

風は強いが、良型のメゴチが釣れたりし、そんなに苦にはならなかった。この時までは・・・。その後、私に良型のシロギスがポツン、ポツンと釣れ、楽しさ大爆発。Uさんも良型のメゴチやあのタイの一種と思われる魚を釣っていた。そんな中、謎の現象が起きた。私がサビいていたところ、アタリがあった。そこで合わせようとした時、タイミング悪く突風が吹いた。その突風によりラインがたるみ、上手く合わせることが出来なかった。しかし、問題はその後にあった。リールを巻いて糸ふけを取りもう一度合わせようとしたところ、いやに軽い。「この軽さはまさか・・・」と思い巻き上げてみると、天秤の上からラインブレイクしていた。Uさんにこの事を話すと、

U:「また新たなる謎が生まれたね・・・。」

と、一言。そう、実はこういう謎の現象などは釣りの世界では少なくなく、私達も過去に色々と体験したことがある。しかし、今回の現象はその中でも一番の謎である。



デッカイのが、来たー!

b8e2aec2.JPG


 昼食を済ませ、また釣りを開始する。相変わらず強風が吹き荒れる。そんな中、こんな魚が釣れた。メッキアジ(・・・、だと思う)である(上画像参照)。このメッキアジが掛かる直前にアタリがあったが、掛からなかった為、巻き上げてきたところ、水面近くでこのメッキアジがチェイス(エサを追ってくること)して来て、ハリ掛かりした。ちなみに、このメッキアジは、伊豆半島では良く釣れるらしく、ルアーフィッシングのターゲットにもされており、大きくなる(「全長50cmぐらいになる」と図鑑には書いてある)と「ギンガメアジ(銀亀鰺)」と呼ばれるようになる。

M:「メッキが釣れたよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」

U:「おお、すごいね。」

M:「でもなんかシマアジにも似てね?」

U:「確かに(´・ω・`)」

 そしてそれから、どんどん風が強くなっていった。時々、飛ばされそうなぐらいの突風が吹き、一瞬足元がすくわれそうになった。それでも釣りを継続。すると、岸近くで「ゴツン」という力強い強烈なアタリがあった。合わせると、下に潜るようにグイグイ持って行き、リールを巻いて来ると今度は右へ左へ走り回る。少し離れたところからUさんもその様子を見ていた。そして、やっと魚が水面に浮いてきた。体高のある魚体を見て一瞬「タイかな?」と思ったが、なんか違う。一気に引き抜き、岸に上げる。Uさんもすぐに見に来た。

M:「なんかデカイの釣れたぞ」

U:「これなんだろうね?」

M:「(魚体をよく見て、少し考えて)あ、これ「クロサギ」だよ。しかしデカイな(⌒∇⌒)」

3de361b0.JPG


クロサギとは、別名アマギとも呼ばれる魚で、ちょい投げをしているとたまに釣れる。大きいものでは30cmぐらいになるとのこと。今回釣れたのは約20~30cmぐらいはあった。しかし、なんか食べたい気がしなかったので、正確なサイズを測らずに写真のみ撮り、リリースした。

U:「しかしここはほんとにいろんな魚種が釣れるね。」

M:「そうだね。魚影も濃いし、サイズもデカイし。」

そしてこの後、また更なる奇跡を二人は目にする。



このハリは・・・

 13時30分頃、私は良型のメゴチを釣った。天ぷらにしたら美味しそうなサイズだったし、ハリを飲まれてしまったので、キープすることにした。そして飲まれたハリを外す時、あることに気付いた。なんとこのメゴチ、他にもハリを飲んでいたのだ。まず私のハリを取り、そしてもう一本のハリを取った。そして近くにいたUさんに私は思わず声を掛けてしまった。

M:「なー、このメゴチがもう一本飲んでたハリ、これさっき切れてなくなったおれの仕掛けに付いてたハリなんだけど??( ̄ロ ̄|||)」

U:「すごいね。じゃ、同じやつが食ってきたんだ・・・。」

切れたというより、結び目が弱り、ハリスごと取れてしまった状態だったので、恐らくそれを食べたか、その時掛かっていてそのままハリスごと取れてしまい、それがまた掛かったようである。世の中本当に面白いことがあるものである。



本日のラストでキャッチ

 その後、一向に風は止まず、納竿予定の15時が近づいてきた。日も傾き、そろそろ本日のラストといこうと思いながら、エサを付け、キャスト。しかし、アタリなし。徐々に、魚も食い渋ってきたようである。「時間だし、次の一投で今日は終わりにしようと思い、キャスト。ゆっくりとサビいてくる。すると、また「コツン、キュイーン」というアタリが・・・。合わせると、「キュイーン、キュイーン」と気持ちのいい引き。もちろん上がってきたのは、良型のシロギス。最後の最後でまた釣ることが出来た。

M:「やったよ。最後の最後でまた釣れた。」

U:「今日は本当に良く釣れたね。最初はダメかと思ったけど、本当によかったよ。もしかしたら、一昨年と同じぐらい釣れたのかな?」

M:「そうだね。もしかしたら、一昨年より釣れたんじゃない?」

今回の釣行は二人とも大満足で終了。ちなみに私のシロギスの釣れた数は、一昨年と同じ6匹でした。Uさんは、痛恨のバラシの後、残念ながらシロギスをキャッチすることは出来なかったが、その分メゴチを沢山釣っていた。



帰りの道中

 バス停で駅へ向かうバスを待っていた時、道路に落ちていた発砲スチロールで出来た箱のフタを見て、

U:「あれきっと風でどっかから飛ばされて来たんだろうね。」

M:「だろうね。」

U:「でも、あんなところにいたら確実に車に轢(ひ)かれるよね。」

M:「轢かれちゃうだろうね・・・。」

どうやらUさんはこのフタの運命がすごく気になるようだった。その後、何台かの車が通過したがみんな上手くよけていた。すると、また風が吹いた。

M&U:「あっ!動いた。」

なんかよく分からないが私も楽しくなってきた。そして、1台の車が来た。

「バキッ」

M&U:「あっ!ついに轢かれた??( ̄ロ ̄|||)」

U:「でもまだ少し壊れただけだよ。」

M:「強えーな、発砲スチロール!」

U:「あ、また風で動き出した。」

この発砲スチロールはなぜか二人を熱くさせた。特にUさんを熱くさせた。そしてUさん、ずっと前から薄々気が付いてはいたが・・・、

「(ちょっと残酷な人だね・・・)」by.アングラー・M



 そして、次に熱くさせられたのは私だった。駅に着き、帰りの電車に乗った。するとどこかで聞き覚えのある音がする。「ギチギチギチ、ジャッ、ジャッ」。見渡してみると近くの席に座っていたおじさんが、なぜかリールのドラグを開けたり閉めたりしていた。

M:「(な、なんでここでドラグを・・・)。」

それを隣に座っていたUさんに教える。

U:「(笑)。なんか我らが同士って感じだね。」

ここにまた新たなる名言が生まれた。そして、

「ドカッ!ゴロゴロゴロ」

M&U「あ~・・・。」

リール墜落。慌ててリールを拾うおっさん・・・。本当に一体何がしたかったのか、今だによく分からない。



天ぷらウメ~!

 帰宅後、私が捌き、母が料理してくれた。今回は、シロギス6匹にメゴチ2匹。そしてシロギスをパクッと一口・・・、「マジウメ~!!!」。思わず絶叫してしまった。身がふわっとしていて、噛むとほのかな甘みが出てくる。もちろんメゴチも絶叫する程うまかった。そしていつもの一言・・・、

M:「こんなにうまい魚が食えるのは、釣り人だけだな。これだから釣りは辞められねーんだよ。」



あとがき

 今回の釣行は、久しぶりに二人とも大満足の釣りとなり、本当によかったと思う。この頃は二人とも忙しく、なかなか都合が合わず、困っていた。しかし、今回上手く都合が合い、そしてこんなにいい釣りが出来て本当によかったと思う。またこれからもこんないい釣りをしていきたいと思う。

 そして、今私が考えているのは、シーズンオフをなくすことである。ここ最近は冬になると春まで釣りには行かず、シーズンオフとしていたのだが、最近はストレスが溜まり易く、精神的に疲れ、精神的に不安定になったり、キレ易くなることが多く、自分としても困っていた。しかし、釣りに行くとそれが少しの間解消される。その為、何か冬でも手軽にそして暖かい時間に出来る釣りはないものかと考えていた。そして、見つけた答えが「管釣り」である。管釣りとは「管理釣り場」の略で、つまり管理釣り場での釣りを意味している。ここ数年管釣りがブームとなり、特にトラウト狙いの管釣りが人気である。その為、全国的にも管釣りが増え、私の家の近くにもトラウト狙いの管釣りが2件出来た。そのうちの1件は釣り番組でも登場し、プロの人が実釣し、紹介した。



 今回は、長い記事を読んで頂き、誠にありがとうございました。またこんないい記事が書けたらと思っています。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kna610biomaster.blog109.fc2.com/tb.php/305-7b11314b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!

FC2Blog Ranking

べ、別にクリックしてほしいなんて思ってないんだからね! で、でもクリックしてくれると、そ、その・・・嬉しい・・・かも・・・・・。 全くもう!何言わせるのよ!! (釘声でw)

プロフィール

ニャンタ

Author:ニャンタ
性別:男

年齢:28歳

出身・現住地:神奈川県

趣味:釣り、アニメ、車、画像加工

好きなアニメ:灼眼のシャナ、ゼロの使い魔、魔法少女リリカルなのは、ロザリオとバンパイア、ケメコデラックス、魔法少女まどか☆マギカ、DOG DAYS、みなみけ、いぬかみっ!、アイドルマスター、ストロベリー・パニック、ゆるゆり、神無月の巫女など

アイドルマスター・シンデレラガールズでプロデューサーをしながら、現実では自分のプロデュースをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。