Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kna610biomaster.blog109.fc2.com/tb.php/26-c6aec62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花になった魚たち

 今日は、今月から解禁となった渓流釣りの代表魚であるヤマメとアマゴについてお話しようと思います。



 ヤマメとアマゴの違いは、体に赤い点々(斑点)があるかないかで見分けが付く。ある方が「アマゴ」、ない方が「ヤマメ」である。

そして、生息している地域も違い、大きく分けると、東日本が「ヤマメ」で西日本が「アマゴ」である。

また、漢字では「山女魚=ヤマメ」、「雨子=アマゴ」と書く。



 このヤマメとアマゴは、氷河期が終わった頃、海に帰ることが出来なくなった、サクラマスとサツキマスの「陸封魚」だとされている。



 次に、このサクラマスとサツキマスについてお話しよう。

サクラマスとは、ヤマメが川から海又は湖などに行って大きくなったもので、サツキマスはアマゴが海又は湖などで大きくなったもので、どちらも最終的には川に帰って来る。

その時、ヤマメは魚体の一部がピンク色(桜色)になるため、「サクラマス」と呼ばれるようになった。

対してアマゴは、サツキの花の咲く頃(5月ぐらい)に川に帰って来ることから「サツキマス」と呼ばれるようになった。



 しかし、このヤマメやアマゴが全部サクラマスやサツキマスになるのかと言うとそうではなく、ほんの一部だけが海や湖に行き、大きくなって帰って来るのである。

また、海や湖に行かず、淵などの深場で大きくなり、サクラマスやサツキマスのようになってしまうものもいる。



 ちなみに、同じ渓流魚の代表でもあるニジマス(虹鱒)は、ヤマメやアマゴと同じ「シャケ目シャケ科(サケ目サケ科)」であるが、このような行動はせず、ずっと川にいる。また、イワナ(岩魚)は湖などに行き、「アメマス(雨鱒)」になると言われている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kna610biomaster.blog109.fc2.com/tb.php/26-c6aec62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!

FC2Blog Ranking

べ、別にクリックしてほしいなんて思ってないんだからね! で、でもクリックしてくれると、そ、その・・・嬉しい・・・かも・・・・・。 全くもう!何言わせるのよ!! (釘声でw)

プロフィール

ニャンタ

Author:ニャンタ
性別:男

年齢:28歳

出身・現住地:神奈川県

趣味:釣り、アニメ、車、画像加工

好きなアニメ:灼眼のシャナ、ゼロの使い魔、魔法少女リリカルなのは、ロザリオとバンパイア、ケメコデラックス、魔法少女まどか☆マギカ、DOG DAYS、みなみけ、いぬかみっ!、アイドルマスター、ストロベリー・パニック、ゆるゆり、神無月の巫女など

アイドルマスター・シンデレラガールズでプロデューサーをしながら、現実では自分のプロデュースをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。