Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kna610biomaster.blog109.fc2.com/tb.php/241-1541cdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

釣り人道中膝栗毛~トリオでワカサギ釣り~編

数年ぶりのワカサギ釣り

 11月16日午前7時、私の自宅でUさんと待ち合わせをし、車に乗って、今回のフィールドである丹沢湖(神奈川県山北町)に向け出発。今回は、私達M&Uともう一人、先月釣りデビューをしたHさんの3人での釣行である。もちろん、3人で釣行するのは初めてである。また、Hさんとは現地で会う約束をしている。

 フィールドへ向かう道中、車の中でUさんと色々な事を話した。特に盛り上がったのは最近見た変な夢と釣りの夢の話。しかし、この話は長くなり過ぎるので割愛させて頂きたい。

 そして、Hさんとの待ち合わせ場所である、ボート小屋近くの駐車場に着いた。Hさんは渋滞にはまってしまって、少し遅れるとのことだったので、近くを一人でブラブラ(この時、Uさんは車の中で待っていた)。しかし、この時気になる事が一つあった。それは、8時からオープンのはずのボート小屋が8時過ぎているのに、空いていない。もっと正確に言えば、ボート小屋へ降りる為の階段のところのフェンスが閉まっている。「ネットで調べたので、今日は定休日なはずはない」と思って、看板を良く見てみると、「平日は9時から」と書いてあった。どうやらネットの情報が古かったようだ。その後、車に戻り、Uさんにこの事を伝えた。

 しばらくして、Hさんがやってきた。Hさんにもこの事を伝え、3人で30分間話をしながら待った。

M:「(Hさんに向かって)今日は雲は多いけど、風が無くてほんとに良かったよ。前におれら、ここでワカサギ釣りしてる時、強風が吹いて、波が立って、遭難しかけたんだよ。」

U:「あの時は大変だったよね。そういえば、ワカサギ釣りは久しぶりだね。5年ぶりぐらいじゃない?」

M:「そんなに経つのか~(驚き)確かに、すごく久しぶりだ・・・」

とこんな話をしているうちに、9時になり、ボート小屋へ。その道の途中、立ち話をしていつおじさんやおばさんが3人いた。そのうちの1人のおじさんに「ワカサギか?」と聴かれたので、「はい、そうです」とだけ答えた。そして、ボート小屋に着いた時、そのおじさんがなぜか後ろから付いて来た。なんとこのおじさん、ボート小屋の人だったのである。



出だし苦戦

 ボートを借り、以前よく釣れたポイントに入る。早速準備をし、実釣開始。底を中心に攻めてみることにした。しかし、アタリがない・・・。底から少し上げた所でもアタリがない。群れがいないようである。すると、Uさんにアタリが。そしてHさんにもアタリがあり、二人共1匹づつ釣れた。Hさんにとって、初めてのワカサギである。しかし、なぜか私にはアタリがない・・・。それも私はボートを漕ぐ為に真ん中にいるのに両サイドの二人が釣れて、なぜか私にはアタリすらない。しかし、このアタリもこの1度きりだった。

 今度はポイントを移動し、大仏橋の近くに入った。私のリールに付いている、水深計では、25mであった。橋の近くというだけあって、水深が深く、水通しが良く、流れが速い。その為、仕掛けが流されてしまう。ここでは、アタリはなかった。

 そして、最初に入ったポイントの近くでもう一度やってみた。やはりアタリがなかったが、とにかく粘ってみた。すると、私の竿先がツンツンと小さなアタリを捉えた。すかさず軽くアワセると、プルプルという感じの引きが伝わって来た。しかし、まだそこではリールを巻かず、「追い食い」をさせた。私が追い食いをさせていると、Uさんの方にもアタリが来た。Uさんも追い食いさせる方法を取った。そして、私の竿が徐々に重くなって来たので、リールをゆっくり巻き上げて来ると、6本バリに4匹も付いていた。Uさんの方は、6本バリに2匹付いていた。この時、今度はなぜかHさんにアタリがなかった。本当に不思議である。



なんだこりゃ~

 その後、昼食を食べ、ポイントを点々としたが、アタリはなかった。そして、納竿1時間前になり、最初のポイントに戻った。そのポイントは岬がある為、今度はあえてその岬に近づいた形で釣りをした。すると、少ししてから、私の竿にアタリがあった。軽くアワセ、また追い食いを狙った。しかし、追い食いをしてこない。それどころか、引き方がおかしい。すぐに上げてみると、傷だらけになった1匹のワカサギが釣れた。

M:「なんだこりゃ?!」

U:「何か変だね・・・」

H:「・・・・・・・。」

M:「かじられてるな。途中でバスかニジマスにやられた可能性があるな」

ワカサギ釣りでは時々、針掛かりしたワカサギをバスやニジマスなどのいわゆるフィッシュイーター(小魚などを食べる魚のこと)が襲うということがあるらしい。まさか、自分がそれを体験するとは思わなかった。

 その後、私とUさんが2匹づつ釣り、納竿の時間となった。今回の釣果は私がが7匹、Uさんが6匹、Hさんが1匹となった。

M:「Hさん、釣り始めたばっかで、この悪条件(活性が低い、群れが小さいなど)の中でワカサギを釣るなんてすごいよ(^∀^)」

H:「いやいや(●´ω`●)でも、今日は本当に楽しかったよ(´∀`*)」

M:「楽しんでもらえて本当に良かったよ。そういえば、ワカサギ1匹だけだけどど   うする?」

H:「Mさんに上げるよ」

と言う事で、今回の釣行の持ち帰り分は8匹となった。でも、Hさんが「楽しかった」と言ってくれて本当に嬉しかった。釣りの楽しさを分かってもらえると言うのはやはりすごく嬉しいものなのだと実感した。



帰りの道中にて

 ボート小屋に着き、ボート小屋のおじさんに挨拶をしに行った。おじさんの話では、丹沢湖では12月頃になると数が出るようになるとの事であった。

 そして、Hさんとは現地で別れた。帰り道、私とUさんは「今年の釣り納めはどこで何を釣るか?」で盛り上がっていた。

M:「今年の釣り納めはどうしようか?やっぱり、アイナメとかがいいかな?」

U:「そうだね・・・。そうすると、この辺ではどこになるのかね?」

M:「この辺じゃ、アイナメはちょっと難しいね。やっぱり横浜とかに行って、東京湾での釣りになるね。」

U:「そうか~・・・。」

M:「でも、いつもおれら釣り納めで釣れた(いい釣果を納めた)ことがないね。なんだったら、確実に釣れる管釣り(管理釣り場)でマスでも狙うか?」

などなど、大変話が盛り上がった。そのうち、気がつくと、ハンドルを片手で持って運転していた。一人で乗っている時に良くやるのだが、人を乗せる時にはしないようにしていたのだが、話に夢中になって、片手運転になっていた。みなさんも、車を運転される際は、お気をつけ下さい。ちなみに、釣り納めの件は、現在も話し合い中です。



おまけ(今回の写真)

 まずは、秋が深まった丹沢湖の紅葉したもみじ。

ca065e71.jpg


 最後に、今回釣ったワカサギ



fa8209fe.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kna610biomaster.blog109.fc2.com/tb.php/241-1541cdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2ブログランキング

ブログランキング参加中!

FC2Blog Ranking

べ、別にクリックしてほしいなんて思ってないんだからね! で、でもクリックしてくれると、そ、その・・・嬉しい・・・かも・・・・・。 全くもう!何言わせるのよ!! (釘声でw)

プロフィール

ニャンタ

Author:ニャンタ
性別:男

年齢:28歳

出身・現住地:神奈川県

趣味:釣り、アニメ、車、画像加工

好きなアニメ:灼眼のシャナ、ゼロの使い魔、魔法少女リリカルなのは、ロザリオとバンパイア、ケメコデラックス、魔法少女まどか☆マギカ、DOG DAYS、みなみけ、いぬかみっ!、アイドルマスター、ストロベリー・パニック、ゆるゆり、神無月の巫女など

アイドルマスター・シンデレラガールズでプロデューサーをしながら、現実では自分のプロデュースをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。